道ができる

もともと地上に道はない。

歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。


これは昔、教科書で知った好きなフレーズ。

魯迅の『故郷』の最後の文章です。


あたりめ と公園を散歩していると、よくこの言葉を思い出します。

草むらなんかをよく歩くんですけど、なんとなく道が出来ているんですよね。


なんとなくでも道が出来ているから、

何となく歩いたり、

歩きやすかったり、

気が付きゃついつい歩いています。

※あたりめ はおかまいなしに好き勝手うろうろしてますが。


これ、きっと僕たちだけじゃないと思います。


これが続くときっと

ますます道ができて、

ますます歩く人が増えて、

さらに道ができて

さらに歩く人が増えて・・・

を繰り返していくんでしょうね。


そう、まさに

もともと地上に道はない。

歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。

なんですよね。


現代の道路も

多くの人の手によって出来ているという点では同じです。


「人生は死ぬまでの暇つぶし」

道の歴史を調べるのも楽しいかも知れませんね。

いや、きっと楽しい。


※掲載情報は掲載時の情報の為、内容が変更になっている場合がございます。

※取扱店舗により、価格は販売形態が多少異なっております。予めご了承下さい。


0コメント

  • 1000 / 1000